杉並区の建設業許可、経審、外国人在留資格専門行政書士
News

その他(建設業)

ゼネコン12社、4~9月受注高10年ぶり低水準

2020年4~9月のゼネコン大手4社と準大手8社による建設受注高(単体)は合計2兆6880億円で、10年ぶりの低水準。 新型コロナウイルス感染症拡大により、工事延期、営業活動の停滞が影響した。 詳細:日本経済新聞 202 …

パブコメ:労基法・最賃法関連届出、4月から押印、署名不要

厚生省が、労働基準法、最低賃金法の規定により使用者に提出を求めている届出などで、使用者と労働者の押印、署名を不要とする方向。 パブリックコメント実施中。関連省令の公布は今年12月中旬予定、施行は来年4月1日から。 詳細: …

現場リサイクル法全国一斉パトロール

国土交通省、環境省、厚生労働省による建設リサイクル法に関する全国一斉パトロールが、10月頃から11月頃まで実施されます。 詳細:国土交通省

新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン改訂

「建設業における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」が改訂されました。 詳細:国土交通省

公共建築物の木材利用事例集

国土交通省が「公共建築物の木材利用事例集」を公表しました。 木続公共建築物の事業計画等の参考として最新事例78件を掲載しています。 詳細:国土交通省

国土交通白書(令和2年版)公表

国土交通省が、令和2年版国土交通白書を公表しました。 特集は新型コロナウイルス感染症。宿泊、旅行、貸切バス、乗合バス、タクシー、航空、鉄道、内航・外航旅客船などの分野について、厳しい影響、見通しをまとめています。 詳細: …

「先導的官民連携支援事業」29件の調査結果公表

「先導的官民連携支援事業」について、昨年度、国土交通省が支援した29件の調査結果が公表されました。 詳細:令和元年度 PPP/PFI推進に係る調査結果とりまとめ

国土交通省、7月に不動産建設経済局を新設

国土交通省は、7月に不動産・建設経済局を新設する。官房として「土地政策審議官」を設置。さらに、建物、宅地の建設から流通まで総合的なシステムを大局的に把握する観点から官房審議官を1名新設する。 詳細:日刊建設通信新聞 20 …

賃貸住宅管理業務適正化法が成立

賃貸住宅管理業務適正化法が成立しました。 賃貸経営を管理業者に一任する「サブリース方式」に対する規制が強化されます。 サブリース契約の勧誘に関与した建設会社も規制対象です。 詳細:日刊建設通信新聞 2020年6月15日

「熱中症警戒アラート」、7月から施行

環境省と気象庁が、「熱中症警戒アラート」を施行。 今年7~10月、関東甲信地方(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県)が対象。 熱中症予防の効果的な情報発信に関する取組みとして、先行実 …

« 1 2 3 4 7 »
PAGETOP
Copyright © 森田晃仁行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.