杉並区の建設業許可、経審、外国人在留資格専門行政書士
News
  • HOME »
  • News »
  • 建設業

建設業

国土交通白書(令和4年版)が公表されました

国土交通省が、令和4年版国土交通白書を公表しました。テーマは、「気候変動とわたしたちの暮らし」です。 詳細:「令和4年版国土交通白書」を公表します~気候変動とわたしたちの暮らし~

Internet Explorer のサポート終了

Microsoft社のInternet Explorerのサポートが2022年6月16日(日本時間)に終了します。 すでに、各行政庁の入札対応サイトも対応が進んでいます。 Internet Explorerでのアクセスが …

規制の一括見直しプラン

デジタル臨時行政調査会が「規制の一括見直しプラン」をとりまとめ。 法律・政令・省令のアナログな規制をデジタル対応に改める。 詳細:デジタル庁 デジタル臨時行政調査会

建設業者の監督処分基準改正

国土交通省が「建設業者の不正行為等に対する監督処分の基準」を改正しました(令和4年5月26日)。 “三 監督処分の基準”→“2 具体的基準”→“(4)建設工事の施工等に関する他法令違反”→“ⅲ 廃棄物処理法違反”として、 …

「技術者制度の見直し方針」公表

国土交通省が、「技術者制度の見直し方針」を公表しました。 詳細:国土交通省 適正な施工確保のための技術者制度検討会(第2期)~「技術者制度の見直し方針」のとりまとめを行いました~

入契法適正化指針が閣議決定されました

「公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針」が閣議決定されました。 詳細:国土交通省 「入契法適正化指針」の一部変更について(閣議決定)

線状降水帯予測6月1日から

気象庁が、6月1日から線状降水帯予測を開始。頻発する線状降水帯による大雨災害の被害軽減のため。 詳細:気象庁 線状降水帯予測の開始について

価格上昇の対応について下請事業者等に対する配慮

昨今のウクライナ情勢や原油価格高騰などにより影響を受ける中小企業・小規模事業者を支援するため、下請事業者等に対する配慮について要請文書が発出されました。 物価高騰や資材不足を踏まえ、適切な価格転嫁や、サプライチェーン全体 …

建設業法に基づく技術者制度の見直し方針

国土交通省が、建設業法に基づく技術者制度の見直し方針を決定しました。 現行 方針案 専任配置が必要な請負金額 3500万円(建築一式7000万円)以上 4000万円(建築一式8000万円)以上 監理技術者の配置が必要な下 …

東京都建設リサイクル推進計画

東京都が、建設資源循環推進の基本計画である「東京都建設リサイクル推進計画」を策定しました。前回策定時(平成28年)から6年ぶりの改訂です。 詳細:「東京都建設リサイクル推進計画(令和4年4月)」を策定しました。

1 2 3 51 »
PAGETOP
Copyright © 森田晃仁行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.