杉並区の建設業許可、経審、外国人在留資格専門行政書士
Blog
  • HOME »
  • Blog »
  • 在留資格

在留資格

技能実習計画認定申請の簡素化について

技能実習計画認定申請の簡素化について、通知がありました。 詳細:外国人技能実習機構

特定技能の対象職種「配管」申請の方向

外国人材受入れの在留資格「特定技能」の対象職種として「配管」を、 全国管工事業協同組合連合会が、申請する方向。 建設技能人材機構(JAC)に正会員として加入申請することも決定した。 詳細:建設通信新聞 2019年10月1 …

台風19号に伴う在留諸申請の取扱いについて

今般の「台風19号」の影響で、在留諸申請(在留資格変更許可申請,在留期間更新許可申請,在留資格取得許可申請等)を本来定められている期間・手続でできない(できなかった)場合の対応方法について、通知が出ています。 被災により …

特定技能1号(外食業分野)技能測定試験スケジュール更新

特定技能1号(外食業分野)技能測定試験 今後のスケジュールが更新されました。 国内試験 第5回試験の定員が、“3,600人程度”から“4,500人程度”に変更されています。

特定技能1号(外食業ほか)国内試験受験申込手続の変更

外食業と飲食料品製造業の特定技能 1 号技能測定試験(国内)の受験申込手続きについて、一部変更の通知がありました。 詳細:一般社団法人 外国人食品産業技能評価機構

特定技能(外食業)国外試験(フィリピン)

特定技能(外食業分野)の国外(フィリピン)試験情報が公表されています。 試験予約受付開始 2019年10月18日から。 試験期間 2019年11月2日開始、2020年3月中旬まで。 詳細: 一般社団法人外国人食品産業技能 …

技能実習、平成30年の不正行為は112機関

平成30年に「不正行為」を通知した外国人技能実習生の受入れ機関は、112機関。 「不正行為」の類型別件数は171件。 全体を通して頻度が高い不正行為累計 1.賃金等の不払い 2.偽変造文章当の行使・提供 3.保証金の徴収 …

特定技能の認定進まず 半年で400人弱

外国人材の新しい受入れ資格「特定技能」が、4月導入から半年を経過した。 5年間で最大約35万人を受け入れる政府試算に対し、 9月27日時点で 認定人数は376人 国内外試験合格者は2000人以上 資格申請手続き中は200 …

建設技能人材機構がベトナムの5訓練校と業務提携

建設技能人材機構(JAC)が、ベトナムからの建設分野の特定技能外国人の受入れに向け、現地で教育訓練と技能評価試験を実施する5つの訓練校と業務提携覚書を締結した。 年内にも教育訓練を開始し、2020年2月の技能試験実施を目 …

技能実習生等の建設CUS登録

技能実習制度、外国人建設就労受入事業として外国人技能者を受け入れている建設業者では、建設キャリアアップシステムの登録が、2020年1月1日から義務となります(建設分野における受入れ基準の見直しについて)。 未済の場合は、 …

1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © 森田晃仁行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.