杉並区の建設業許可、経審、外国人在留資格専門行政書士
News

技能実習制度

技能実習、見直し議論へ

技能実習制度を巡り、古川禎久法相は29日の閣議後記者会見で関係省庁と見直しを議論する考えを示した。 技能実習制度は途上国の若者らに日本の技能・技術を学んでもらうことを理念としているが、実態は人手不足を補う労働力として扱っ …

米国務省、2022年人身取引報告書

米国務省が2022年人身取引報告書を発表しています。 Trafficing in Persons Report JULY 2022

技能実習実施者に対する監督指導、送検等状況(令和3年)

厚生労働省が、外国人技能実習生の実習実施者に対して行った監督指導や送検等の状況について公表しました。 労働基準関係法令違反が認められた実習実施者は、監督指導を実施した9,036事業場(実習実施者)のうち6,556事業場( …

強制労働など人権侵害対策の動き

中国の新疆ウイグル自治区、ミャンマーでの人権侵害などの問題を受けて、企業によるサプライチェーン上の人権リスク対応が活発化しています。複数の企業が連携したり、取引先や外注先も含めたりして、情報収集窓口を設置するなど、仕組み …

大和ハウス、調達先の人権・環境をチェック。取引停止も

大和ハウス工業が、建材範囲、調査方法を見直した新しい資材調達のガイドラインを策定した。 国内取引先に対し、環境、人権に関する方針策定を求める。 サプライチェーン(供給網)における温暖化ガスの排出量を削減しつつ、環境や人権 …

外国人材の受入れに係る施策に関する会計検査の結果について

会計検査院が、「外国人材の受入れに係る施策に関する会計検査の結果について」を公表しました。

繊維産業のサステナビリティに関する検討会 報告書

繊維産業のサステナビリティに関する検討会がまとめた報告書に、繊維産業の国内におけるサプライチェーン上の課題として、外国人技能実習制度の問題が言及されています。(15~17ページ) 人権問題の観点から、繊維産業に限らず、他 …

梅田邦夫/ベトナムを知れば見えてくる日本の危機

コンビニで、お弁当を選んでいる作業着姿のお兄さんたち。彼らから聞こえてくる話声は、柔らかな響きのベトナム語だったりする。最近、技能実習生として日本に入国している割合がいちばん多いのはベトナム人だ。一部は事件を起こしたりし …

技能実習生の不利益取扱い禁止の徹底

技能実習生に対し、妊娠等を理由として不利益な取り扱いをすることは禁止されています。 妊娠に限らず、外国人労働者は、日本人労働者と同様に処遇しなければなりません。 労働法は、外国人も、日本人も、同様に適用されます。 外国人 …

入国者数の速報値(2021年1月18日週)

出入国在留管理庁が発表している、国際的な人の往来再開に向けた段階的措置等による入国者数(速報値)。 令和2年11月1日週から令和3年1月21日までのデータについて集計。 技能実習と留学で全体の74.3%を占めます。 週別 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 森田晃仁行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.