杉並区の建設業許可、経審、外国人在留資格専門行政書士
News

在留支援

日本の大学を卒業した留学生等に起業活動目的の在留を認める在留資格

日本の大学等を卒業又は修了した留学生が、引き続いて起業活動を希望する場合、在留資格「特定活動」による最長2年間の在留が認められます。 詳細:本邦の大学等を卒業した留学生による起業活動に係る措置について

本国等へ帰国困難な外国人の在留資格について

本国等への帰国が困難な外国人の皆様のために、在留資格の変更措置が公表されています。 「技能実習」、「特定活動(外国人建設就労者(32号)、外国人造船就労者(35号)」で在留中の方については、「特定活動(6か月・就労可)」 …

実習が継続困難な技能実習生等の雇用維持支援

出入国在留管理庁から、新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援が通知されています。 (1)受入(予定)機関の経営状況悪化で、活動が継続できず、在留が困難な外国人、(2)技 …

在留支援のための「やさしい日本語ガイドライン」

在留支援のための「やさしい日本語ガイドライン」が公表されています。 詳細:法務省

全国知事会が「外国人材の受入れ・共生に向けた提言」を要請

全国知事会の「新たな外国人材の受入れプロジェクトチーム」が、「外国人材の受入れ・共生に向けた提言」について、亀岡文部科学副大臣、森法務大臣に要請しました。

やさしい日本語ガイドライン

在留支援のためのやさしい日本語ガイドラインに関する情報です。 詳細:在留支援のためのやさしい日本語ガイドラインに関する有識者会議

PAGETOP
Copyright © 森田晃仁行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.